熱中症対策!汗が止まらないからとすぐに拭くのはNG!帽子の効果は?

Sponsored Link

夏場に問題となるのが熱中症ですね!

特に子供や高齢者が熱中症になると、最悪の場合もありますので気を付ける必要があります。

暑いと汗が止まらないと思いますが、そんな時に汗をすぐに拭いたりしていませんか?

実は、汗が止まらないからといって、すぐに拭くと余計に汗が出てきて脱水症状になる恐れがあります。

また、熱中症対策に帽子を被る人も多いのですが、帽子も実は熱中症の原因となることがあるんです!

今回は、熱中症対策として、汗の拭き方と帽子についてみていきたいと思います。

熱中症対策!まずは熱中症とは何?

熱中症対策

熱中症対策


夏になると話題になる熱中症ですが、一体熱中症とはどんな症状なんでしょうか?

私達は、周りの温度が暑くても寒くても、自分の体温を一定に保つ機能を持っています。

汗をかいたり、呼吸が荒くなったり、寒い時に体が震えるのも体温を一定に保つ機能です。

しかし、高い温度の環境下で長時間行動していると、この体温調整機能が働かなくなり、体温が異常に上昇してしまいます

この症状を熱中症といいます。

熱中症は、症状の段階が軽症、中症、重症まであり、重症になると生命の危険がでてきます。

【軽症】

大量の発汗、めまいや立ちくらみ、筋肉痛があります。

水分補給をしっかりして、涼しいところで休むことで回復します。

【中症】

頭痛、吐き気や嘔吐などがあります。

重症になる一歩手前ですので、すぐに病院に行って治療が必要です。

【重症】

意識障害、けいれん、手足の運動障害などがあります。

非常に危険な状態ですので、救急車を呼んですぐに治療を受けましょう。

熱中症対策!汗が止まらないからとすぐに拭くのはダメ!

汗をすぐに拭くのはNG

汗をすぐに拭くのはNG


暑いところにいると、汗が止まらないと思います。

しかし、汗が止まらないからといって、すぐにタオルなどで拭くのはよくありません

汗は身体の体温調節機能の一つで、汗が蒸発することで気化熱によって体温を下げてくれます。

打ち水も、水を撒いて気温を下げていますので、同じ原理ですね!

汗をかいたからといって、すぐに拭いてしまった場合には、気化熱で体温を下げることができないので、当然体温が下がらず、もっと汗をかいてしまいます。

汗をかいても、またすぐに拭くと、体温を下げることができずに熱中症になってしまったり、汗のかきすぎで脱水症状を起こしてしまう危険性があります。

熱中症対策として、どのようにすればよいかというと、汗をかいたら「硬く絞った濡れタオルで軽く汗を拭く」のが正解です。

濡れタオルで汗を拭くことで、皮膚には水分が残りますので、その水分が蒸発して気化熱で体温を下げてくれます。

汗を拭かないのも気持ち悪いと思いますので、汗をかいたら「硬く絞った濡れタオルで軽く汗を拭く」を実践してみてはいかがでしょうか。

熱中症対策!帽子の効果と被り方について!

Sponsored Link

熱中症対策として第一候補に出てくるのが帽子だと思いますが、この帽子が原因で熱中症になってしまう場合があるから注意が必要です。

よく子供に「帽子をちゃんとかぶってないと、熱中症になるよ」といって、帽子をかぶったままにさせていませんか?

実は、帽子の中に熱がこもってしまって熱中症になってしまうケースがあります。

帽子も暑い中でずっと被ったままでいると、熱が帽子の中にこもってしまい、1時間で8度以上も温度が上昇してしまうこともあるようです。

帽子で直射日光を防ぐのは、もちろん熱中症に効果があるのですが、帽子を被ったままでいると熱がこもるので、ちゃんと定期的に帽子は脱いで通気をする必要があります。

また、帽子の選定は、中に熱がこもりにくい通気のよいメッシュ生地のものがいいですね。

これからますます熱くなると思いますが、熱中症には気を付けて生活していきましょう^-^/

Sponsored Link


コメントを残す

サブコンテンツ

管理人について



サイト訪問ありがとうございます!インターネットが大好きで、暇があればインターネットをしているネット中毒者です。気になるとすぐ調べてしまうので、調べたことをシェアする教室のようなサイトを作ろうと思いました^-^/楽しんでいただけたらと思います♪

このページの先頭へ